ケータリングとデリバリー

ケータリングとは、出張料理と言われるサービスの事を言います。
勘違いされやすい事として、デリバリーと混同してしまう事もあるでしょうが、形は似ていても、実際には全く異なるものです。
店舗で調理をして、調理したものをお客様へお届けに行くことが「デリバリー」で、
一般的に使われる事のある事としてはピザの配達やラーメンの配達、お寿司などが身近であるのではないでしょうか。
それに対して「ケータリング」は、お客様のもとへ出向いて調理をする、ということです。
宴会や結婚式で利用されることが多く、出張料理という呼ばれ方もしています。
「デリバリー」は「ケータリング」よりも気軽に利用しやすく、「ケータリング」は「デリバリー」よりも少し贅沢といったイメージを持ってもらっても間違いでありません。
どちらが良いのか、というのはお客様のニーズに合わせて選択できます。
例えばフレンチスタイルのように、
「デリバリー」「ケータリング」、両方行っている業者もあります。使っている容器が使い捨てなのかそうじゃないのか、後片付けはセルフなのかそうじゃないのか。
他にも違いはありますが、もしパーティーなどを開くのであれば、じっくり業者と相談してみましょう。
お客様の希望に応えてくれて、素敵なパーティーになるといいですね。
ケータリングのサービスを利用するにはそれなりの費用がかかりますが、それでも豪華な演出、美味しい料理を楽しむという事ではケータリングを機会がある時に利用されてみるのが良いでしょう。
一見して馴染みのないサービスですが、同級生とのパーティーや会社での接待などを行う時にも便利に利用する事が出来ます。