ケータリングの利用した時の良さ

ケータリングとは出張料理などと言われるサービスの事です。
そういったサービスについてやや高級そうなイメージが強く、あまり実感が沸かないという方も多いのではないでしょうか。

 

しかし決してそのような事はありません。実は我々の身近なところでも
このケータリングが利用される場面というのが隠れているのです。
その一つとしてパーティーの様なイベントです。

 

パーティーに招待された時に、多くの場合は美味しそうな料理がたくさんテーブルに並べられていますが、
これはケータリングによる料理人がその場で作ってくれているという事もあるのです。

 

ケータリングは料理を作る所から片付ける所まで全て対応してくれますので、利用者としては非常に便利なサービスであると言えます。
一見してデリバリーと近いものを感じるかもしれませんが、デリバリーとケータリングのこの両者、意味は似ていても実際には全く異なる物です。

 

デリバリーとは配達の事を良い、店舗で作った料理を自宅や会場まで届けてくれる事を言います。
しかしケータリングは実際に自宅や会場にスタッフが着て、その場で会食を行う準備から片付けまで全てしてもらう事が出来るのです。

 

このサービスを利用する事のよさとしては、やはり美味しい料理をその場で作ってくれると言う事に加えて、
自分たちで準備や片付けをほぼする必要がないという事です。

 

このサービスを利用する場面としては、自分が幹事となってイベントやパーティーを開く時、
一種の演出としてケータリングをご利用されるのもいいかもしれません。
 

いつ個人向けケータリングを利用するのか

ケータリングサービスといえば法人向けと思う方も多いかと思いますが、最近では個人向けのプランが増えてきています。
では、個人が利用する場合、いつどのような場合にケータリングサービスを利用すると効果的なのでしょうか。
 

 

ケータリングサービスは、今まで、会社主催のパーティーや、お祭りなどでの利用が多く、
個人での利用はあまりありませんでしたが、今は個人利用の事を考え、
特定の個人行事に合った簡潔で明確なプランを用意しているホテルやレストラン、その他業者も少なくありません。

 

例えば、誕生日パーティー、敬老の日、家族内での結婚式の会など、
用途は様々ですが、誕生日や、結婚式ならオリジナルケーキを用意してくれたりと、
その記念日に沿った料理の提供や、高齢者の利用なら、
その高齢者にとって食べやすい味に変えてくれるなどのサービスを行ったりと、
利用者個人のニーズに合った調理、料理の提供をしてくれます。

 

値段も個人向けであれば、法人向けとは違い個人向けの相応の、安い値段での提供をしている所も多いです。
なので、特別な日といわず、ホームパーティーを少し豪華にしたいなどの時にも、ケータリングサービスの利用は向いていると言えます。

 

ケータリングサービスは多数の料理人が来てくれる大仰な物から、安いものだと、
テーブルウェアの貸し出しと料理の提供のみ、まで幅広いものがあります。

 

どのような内容で、どれくらいの規模のケータリングサービスがあって、予算内でおさめられるか、
考えながらケータリングサービスの利用を考えるのが良いでしょう。

更新履歴